輸入住宅の魅力とデメリットに関する私感

建築中の家を見ると、私の住む愛知県でもかなりの割合で輸入住宅が選ばれています。特に注文住宅の場合の割合が多いようですが、中にはそれに準ずるようなデザインの建売住宅も見かけます。輸入住宅と言えば、その魅力は何と言っても独特の外観だと思います。欧州各地の代表的な幾つかの輸入住宅はじめ、懐かしさも感じられるアメリカン住宅も人気があります。いずれもその佇まいはオリジナル性が強く、お洒落です。

日本人にとっては海外への憧れが詰まったデザインとして、魅力的に感じるのでしょう。輸入住宅は概ねゆったりした間取りが多いため、その魅力に惹かれるケースもあるようです。 そんな魅力的な輸入住宅にも、デメリットはあるものです。それはメンテナンスに関する課題です。資材などを海外から輸入してくるため、日本の最新家屋のようなメンテナンス性の高さは求められない傾向があります。すべてではありませんが、その辺も考慮して輸入住宅を検討する必要があるでしょう。

ご近所に輸入住宅が建ちました!

我が家は10年ほど前に豊田市内の分譲地の一角を購入し、注文住宅を建てました。お願いをしたのは、国内の某ハウスメーカーさんです。ここに引っ越しをしてから数年後、ご近所に輸入住宅が建てられたのです。イエローのパステルカラーの外装のお宅です。偶然にも子ども同士が同級生で、うちの子どもも何度か遊びに行かせていただきました。子どもが「転校生の子の家に遊びに行ってくる!」と言うので「どこのお宅なの?」と聞くと「あの黄色い家!」という答えが返ってきました。

これだけで、「あぁ、あのお宅だな!」と分かりましたよ。それくらい私が住んでいる住宅街では目立つ存在なのです。子ども達の間でも、その輸入住宅は「豪華な家!」とか「お金持ちの家!」といった認識だったようで、遊びに行かせてもらえることをとても喜んでいた記憶があります。 私自身はお宅に伺ったことはありませんが、子どもの同級生のお母さんと学校行事などでよくお話をする機会があります。その方いわく、輸入住宅は耐熱性や機密性がとても高いのだそうですよ。

ログハウスカナディアン住宅は業者選び重要

ここ数年、実家のある豊田市にも輸入住宅が増えていますが、「北米風住宅」と言えば、カナディアン住宅を思い浮かべてしまいます。私は。そして「カナディアン住宅」と言えば、ログハウス風の住宅を思い浮かべてしまう人は、私以外にもたくさんいるように思います。

しかし、そのようなログハウス風のカナディアン住宅を建てるならばこそ、工務店選びはしっかりと行ってくださいと、私はアドバイスを送りたいのです。なぜって、私の実家の話なのですけれど、カナディアン住宅だからなのです。

正確に言えば、カナディアンなログハウス住宅とでもいいましょうか。外壁は丸太ベースで、玄関はカヌーも置けそうな広い土間(物置兼務)になっていますので。ただ、外壁が丸太素材を使うからこそ、しっかりと施工ができる「仕事が丁寧な業者」を選ぶべきだと言いたいのです。そうでないと、雨漏り被害に遭いますよ。

住宅の専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、ガルバリウムなどの隙間のない外壁素材よりも、丸太の方がつなぎ目が難しいのでしょうか。うちの実家も築10年を超えたあたりから微かな雨漏りがするようになりましたから。雨が入ってきた痕跡は築5年ぐらいの時点からすでにありましたね。

それと、木材ということで外観の劣化が他の資材よりも早いように思います。同じ築年数でもトタンなどの家は雨の痕などはありませんから。ですからカナディアンなログハウス住宅を建てるのならば、住宅を建てる会社のチェックと、そしてリフォーム費用を早めに用意するということも、頭に入れておくといいかも知れませんね。

数年前より格段に選択肢の増えた輸入住宅

以前からおしゃれな輸入住宅は、豊田市内の街中でひっそりと数を増やしていましたが、
最近特に数が増えてきたように思います。
一つは、輸入住宅を扱う業者自体が増えて選択が容易になり、
輸入住宅を建てやすくなったことがあります。
また、一区画を輸入住宅で構成した建売物件や、土地を購入するのとプラスして、
輸入住宅の中から選択できる選択制の建て売りが現れたことも大きいと思います。

やはり家を建てるとなると、長年その地に住むことが前提になるので、
人と同じが安心する日本人の心理としては、一軒だけ輸入住宅で目立ってしまうのは避けたい、
外観が街並みと合わないといった苦情を後からされても困る、
といった悩みを解消出来るようになったのも大きいはずです。

実家が田舎で輸入住宅なのですが、少し前に建てたので、お風呂や水回りの一部だけを日本製に変えるのが大変で、結構コストがかかったと聞いていました。
やはり、お洒落であって欲しいところと、実用的で今までと変わらない使いやすさを求めるところの融合が、以前は難しかったようです。
家なので、いくらお洒落でも、住みにくいのでは困りますが、
今後はお洒落さと暮らしやすさが叶う輸入住宅が、ますます増えそうです。

デザイン性の優れた輸入住宅は人気がある

日本で昔からよく造られているのが木造住宅ですが、若い人の中にはもっとおしゃれな外装の住居に住んでみたいと考える人が増えています。素敵な外装を望む人に人気があるのが輸入住宅です。私の友人も安城市に輸入住宅を建て安城市に輸入住宅を建てていました。どうして輸入住宅が多くの人から支持されているかというと、デザイン性が高いので新鮮な気持ちがするからです。やはり個性的なデザインの輸入住宅に感心がある人は多いです。輸入住宅に興味がある人は、家造りをする前にどんな良い特長があるのが知っておく必要があります。日本家屋よりも良い点が多いと思えれば輸入住宅を建てると後悔しないです。どんな輸入住宅を建てたら納得できるか分からなければ、輸入住宅の見学に何回も行くことをおすすめします。実際に建っている輸入住宅を見学すれば自分も家族といっしょに海外の雰囲気のする輸入住宅に住んでみたいと思えます。輸入住宅は日本で建てるとデザインの良さが際立つので自慢できます。日本家屋と輸入住宅で迷ったときは、デザイン性の優れた輸入住宅がいいです。

一戸建ては隣との距離を十分に確保して

豊田市内で注文住宅を購入した経験から言うと、あまりにもお隣との距離が近い住宅は私はオススメしません。最近では、リフォーム済みの中古住宅が魅力的な価格で売りに出されていたりしますけれど、しかしお隣との距離が十分に取られてない住宅の場合は、手出しはしない方がいいと私は思います。なぜなら、「生活音が結構聞こえてしまうから」です。

とくに中古住宅ともなりますと、昔の法律にて住宅が建てられていますので、お隣との距離が十分に確保されていなかったりするのですよね。ちょっと大きめで歌を歌っていたら聞こえてしまうぐらいのものだったりしますから。換気扇からアホな歌声がお隣さんに聞こえてしまうこともあるわけです。

それに、とくに子供のいる家は「お隣との距離が確保されていない住宅」は、やめておいたほうがいいでしょう。だって、子供が夜泣きすることだってあるでしょう。その場合に虐待を疑われて、児童相談所に通報されてしまうこともあるわけです。もしかしたら、夜泣きの声が迷惑で通報したのかも知れませんが。

以上、実体験も織り交ぜましたが、とにかく一戸建てを買うときや建てる時は、お隣との距離はある程度確保された家にするのが好ましいと思うわけです。私は子育てのために、一戸建て住宅を建てたわけですけれど、しかしお隣との距離がやや近かったせいか、マンション暮らしと変わらないかも知れないと思うほどに、気を遣っていましたから。本末転倒にならないためにも大事ですよ。

家づくりの際の家族の意見とは

豊田市に注文住宅を建てる際に家族の意見はとても重視しました。やはり家族が納得できるようなマイホーム造りがしたいと考えていたので、子供部屋のことや日当たり、キッチンの広さやバスルームの使い勝手など色々なことを話し合って決めることにしました、また住宅メーカーによって家づくりもオリジナリティーで個性があるので、どういった住まいがよいか実際見てみないとわからないので、住宅展示会場へ行き色々と物件見学するようにしました。家づくりを話し合うようになってから、家族でかなり盛り上がり、家族で充実した時間を過ごすようになりました。家の中で快適に過ごしたいと考えていたので、金地の広さや対面式にしてリビングはある程度広くしたいなど、いくつか住宅造りにおいて検討するようにしたことで、イメージも出来上がり条件に合う新築物件を探すことにしました。全て条件が整った住まいを探すには難しいため、ある程度条件を絞り込むことができ、快適なマイホーム探しができました。

輸入住宅のメーカーを選ぶポイント

豊田市で輸入住宅のモデルハウスを見学しましたが、輸入住宅は現地から輸入される木などの素材を使うため、海外に住んでいるような独特な雰囲気を味わえることが魅力です。家を建てる時は注文住宅にするとこだわりを持って間取りやデザインを決めることが可能で、生活のスタイルに合わせ話し合って快適に過ごせるようにしてもらうと満足できます。輸入素材は現地のメーカーとの関係がうまくいくと安く仕入れることも可能で、国産素材を使うよりも安くなることもあるため便利です。

注文住宅はこだわりを持って間取りやデザインを決め、生活の拠点としてくつろげるようにすると良いものです。輸入住宅は現地の為替レートによって価格が変動し、なるべく安くなるタイミングを選ぶと出費を減らせます。

輸入住宅のメーカーを選ぶポイントは公式サイトで実績や利用者の口コミや体験談を参考に、かかる費用を明確にしてもらえるようにする必要があります。家は価格が高く人生でも重要な買い物になるため、生活のスタイルに合わせて失敗をしないように決めることが大事です。

住んでいる地域で選ぼう

輸入住宅を建てる時には、どんなデザインで家を選んでいますか?
単にデザインが気に入ったとか、金額で決めたりはしていませんか?
もちろん、それらも正しい選び方なんですが、もっと考えなくてはいけない事があります。それは、自分が住んでいる地域の事です。
私は温暖な岡崎市に注文住宅でマイホームを建てました。
例えば、寒い地域には、断熱性に優れていて、気密性も高い北欧住宅が望ましいと思います。
そして、寒暖差の激しい地域には、同じく激しい気温差があるカナダ輸入住宅を選ぶのが望ましいです。
輸入住宅を選ぶ時には、まずは自分がどういった地域に住んでいるのかを考慮して選ぶことが大切です。
住宅に必要な事は、デザインや金額、そして自分が住んでいる地域に合った住宅なのか、どうかという事です。
輸入住宅、日本製の住宅と比べても、耐久性がとても長いので、これからの人生の大半を共に過ごす存在となります。
購入してから、やっぱり違う住宅にしておけば良かったと後悔しないように選ぶ事が大切です。

コストを気にしながらの輸入住宅の購入

コストを気にせず私の地元愛知県でも輸入住宅や洋風住宅を買えれば良いんですけど、現実問題そこが最もネックなのでそれを無視することはできません。より安く買うとしたらどんな手があるのか…。
まず確認したいのは気になるハウスメーカーの坪単価ですね。大体これくらいという目安があるので、その会社のターゲット層に自分は入るかを検討したいものです。富裕層向けのハウスメーカーもあったり、ローコスト住宅を作る会社もあるのでどの程度の家が欲しいかをここで決めることになるでしょう。
あとは機能性とデザイン性の両方のバランスを見て決めるのがベターだと思います。輸入住宅だとそのデザインに魅力があるので重視したいところですが、長い間住むことを考えると面倒が増える家もナンセンス。となるとどうしても中間をとって妥協する箇所が出てきます。
私なら、優先順位を付けておいて、財布と相談しつつその順位の低いものから順に削っていきますかね。この方法が満足への近道でしょう。