輸入住宅風にできることも注文住宅メリット

注文住宅は施主の好きなようにできる住宅じゃないですか。ですから、外観にしましても、好きなようにできるわけです。そこで私の友達は、輸入住宅風な外観の家を注文住宅で建てたわけです。そして私が思ったことはといえば、「その手があったか!」ということでしたね。

だって輸入住宅となりますと、日本のハウスメーカーで一戸建て住宅を建てるよりもちょっとお値段高めなものですから。輸入住宅にも度合いがあり、日本の住宅設備や資材を利用していたりする輸入住宅ですと、もう少し価格が下がるのですが、海外製のものを使う幅が大きければ値段が上がっていたりするわけです。

ですからこそ友人は、マイホーム費用節約のためにも注文住宅で建てようと思ったということなのですよね。「全部を輸入住宅にしたい!」というほどにこだわりはないものですから、外観のみ海外の住宅風にしたのです。そして中の間取りもある程度「カフェっぽさ」を意識して作っていったそうです。

ですからトータル「輸入住宅」のような印象ですが、実はすべて日本製のものでできていますからね。そういったことができるのも注文住宅なのかと思いました。そこが注文住宅のメリットだということで。